カテゴリ: Audio

先日、「事実、やはり ESOTERIC は低レベルだった話」で書かせて頂いた内容に対し、ティアック修理センターの方から返信がありました。抜粋しますと、出張引き取りを調整願いたい、傷ついた Disc についても確認した上で相談との事でした。あくまでも「修理します」ではなく ...

自身の ESOTERIC は、オーディオ・〇ニオンさんで中古購入した P-05 で始まったのですが、 到着数日で P-05 から物凄い異音と共に Disc を読み込まず、私の所持している Disc に疑いがかかり、所持盤数枚と修理行きとなり、結果、所持盤に問題は無く、メカ Assy 交換で戻って ...

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。今年の目論見はズバリ「ブックシェルフスピーカー」!昨年はスピーカー以外、ほぼ入れ替えとなったシステムでしたが、その時点でスピーカーだけは迷い続けており、結果年を越してしまいました。今現在も候補機 ...

先日書かせていただいた、 CD 再生時における PCM → DSD D/D コンバート設定に引き続き、 改めて SACD 再生時の設定を聴き比べてみました。DSD は 100kHz まで再生可能で、スピーカー(ツイーター)破損防止の為、フィルターが必須と素人知識程度で認識していたため、DSD ...

今年3月に導入した ESOTERIC Grandioso K1 、エージングが進み色んな意味で落ち着いてきました。以後も、スピーカー周り以外は総入れ替え状態でしたが、こちらも大分落ち着いてきた感があります。Grandioso K1 については、導入当初において好感触だった PCM 8倍 D/D コンバ ...

自分の意志で購入したこれまでのスピーカー遍歴は、 TRIO JL-72 (これは小学生の時にお年玉を貯めて購入した自身初のスピーカー) → ONKYO D-77X → DIATONE DS-2000HR → TAD 2402 → JBL S4700 (現在使用中)と比較的大柄な個体だった反動か、近年は小型~中型ブックシェ ...

香港ハイエンド・オーディオ・ビジュアル・ショウ2019で発表されたのは、 Grandioso K1 の後継機種、 Grandioso K1X でした!Grandioso K1 ユーザーとしては非常に興味があり、この価格帯でも、 VRDS-ATLAS と 独自64bit Master Sound Discrete DAC の性能(恩恵)がどれほど ...

Esoteric 公式 facebook にて新製品発表の事前告知を行ったようです!「8月9日(金)香港ハイエンド・オーディオ・ビジュアル・ショウ2019にて、ESOTERIC新製品を発表します。」不明確な(基盤のような)画像と共に告知。新しい DAC や Grandioso K1 の後継機種 K1x では無い ...

↑このページのトップヘ